ソウルのオススメの街:仁寺洞

yun_4955

私は今まで韓国のソウルに5回行っていますが、その中で特に好きな場所は仁寺洞(インサドン)という町です。
この街はあの有名な明洞からも歩いて行けるくらいの距離なのに、全く違う世界が広がっています。

この仁寺洞は伝統工芸品や伝統茶の韓国らしいお店が連なっている街です。
東京でいうと浅草をイメージしてもらうとイメージがつかみやすいかな、と思います。
かといって、決して古くさくなく、むしろ伝統の中に新しさを感じつつ、韓国らしさを感じることができるのがこの街の良さだと思います。
私が行ったときは、韓国客より韓国の若い子達の方がたくさんいて、それがまた韓国らしさを感じることができるひとつの理由かなとも思いました。

仁寺洞に行ったら、ぜひ行っていただきたい場所が2つあります。

ひとつは伝統茶カフェです。
昔ながらのおしゃれな韓屋で色々な韓国茶を味わうことができます。
お茶は漢方系のものや果物系のものなどさまざまですが、みんなでいろんなものを頼んで飲み比べると楽しいでしょう。
夏ならパッピンス(かき氷)を食べるのもオススメです。

もうひとつは仁寺洞ギルという色んなお店が入ったショッピングセンターのようなところです。
可愛いお店がたくさん入っていて、見ているだけで楽しいです。
あと、ここの最上階には恋愛成就を願い、日本でいう絵馬のようなものをかける場所があります。
この絵馬のようなものは5000ウォンで手軽に買うことができるので、もしよかったら、それも体験するといいと思います。
韓国の若いカップルの子達がたくさんいて、見ていてとても微笑ましかったです。

韓国といえば明洞ばかりが有名ですが、少し足を伸ばして、ぜひ仁寺洞にも行ってみてくださいね。

ランキング

ページ上部へ戻る